シフト管理シフト管理

過去の記事「エクセルで効率的にシフト作成・管理!失敗しない3つのポイント」では、レイアウトやプリントアウト後のイメージに焦点を当てたシフト表づくりをご紹介しました。エクセルに少し慣れてくると、思った以上にレイアウトなどが自由に表現できることに気づき、紙で作っていた頃に比べると格段にシフト表づくりが楽になったように感じられたのではないかと思います。 しかし何回かエクセルでのシフト表づくりを続けると少し欲が出てきて、毎回レイアウトを組むことが煩わしくなったり、組んだシフトのチェックに結構時間がかかったりといった悩みが出てはいないでしょうか?

スマートフォンが普及したことで、シフト管理アプリも多くリリースされています。これまでは、従業員もシフト管理者も紙に記載されていたシフト表を確認し、スケジュール帳にメモをするなどの対応をしていました。しかし、シフト管理アプリはいつでもどこでもシフトをチェックすることが可能。確認漏れによる欠勤などを防ぐことができます。

現在の企業や事業所では、エクセルでシフト表を作成することが多いのではないでしょうか。日頃の業務で使い慣れているエクセルは、シフト表作成においても欠かせないツールといえます。

小売業の店長が毎回悩んでいるシフト表作成。そのシフト表作成を行う前に知っておいてほしいこと、注意しておかなければならない点について解説します。

常に稼働している工場や24時間対応のコールセンター、病院、介護施設などでよく耳にするシフト形態が2交代制と3交代制です。

通常の会社員などと大きく違うのは夜勤があること。夜勤のシフトを考えなければならない職種の2交代制と3交代制におけるメリット、デメリットなどを解説します。

一般的な労働者が仕事において気にするのは、勤務時間のことではないでしょうか。何日何曜日の何時から何時までか。休憩時間は何時間か。時給または日給はいくらか。一方、シフト管理者も従業員の勤務時間に注視しがちです。今回は、従業員の勤務と勤務の「間」、いわゆる勤務時間外の「勤務間インターバル制度」について解説します。

近年の働き方で問題視されている過重労働。残業をし過ぎて体を壊してしまうという事例も少なくありません。働き方改革では、事業者に対して従業員の適正時間労働を呼びかけています。しかし、事業者によっては従業員に残業をさせなければならないケースもあるでしょう。

働き方改革を推進しようとすると、必ずといっていいほど、今までのシフト表の作成方法を変えなければならない事態に陥ります。今回は、企業が働き方改革に対応する上で、シフト表作成に関わる影響や注意すべき点について説明します。

働き方改革に関連する法改正が2019年4月より施行されています。中でも「客観的方法による労働時間の把握」が義務化。管理職らが従業員の労働時間を把握することは、企業の責務となりました。

コールセンターの需要はなくならない

コールセンターのスタッフは何人ぐらいでしょうか。10人、20人・・・。多くの場合は、小規模でも20人以上が多いようです。

インターネット環境が整い、スマートフォンの普及が進み、誰もがいつでもどこでも簡単にインターネットを利用できる時代。何かわからないことがあれば、メールやホームページから簡単にお問合せができます。ただ、どんなにテクノロジーが進んでも人による電話対応はなくなりません。